顔痩せ

二重あごの原因&簡単にできる二重あごの解消法

2020年1月7日

二重あご 解消法 画像

二重あごになる原因は、ストレートネックと広頚筋の衰え。
ストレートネックの改善や広頚筋を鍛えることで、二重あごの解消が期待できます。
即効性があり、誰でも簡単にできるストレッチ方法をご紹介します。

お正月に実家で6日間ほどダラダラと過ごしていた時のこと。
娘が私に言い放った一言・・・。
「ママ、二重あごがすごい」。
正月太りで、おそらく2kgほど増えている気がします。
帰宅したら小顔ストレッチでもしようかと思っていたところ、あさイチで「二重あご撃退大作戦」が放送されていて、まさにタイムリー!
さすがあさイチ!よく分かってらっしゃる。
ということで、あさイチで話題になった二重あごの解消方法をすぐさま実行に移したいと思います。

[ふきだし set="ひな(なるほど)"]

広頚筋を鍛える筋トレを教えてくれた50代の女医さんがまぁキレイ!
首のシワも全然なくて、そんな首ってある?というのが正直な感想です。
首の筋トレを頑張って女医さんみたいなキレイなあごや首になれたらいいなぁ♪

[/ふきだし]

(情報元:NHK「あさイチ」 2020年1月7日放映)

二重あごになる原因

二重あごになる原因は主に2つあります。

1つめはストレートネック。
スマホやパソコンを扱う際、下ばかりを向いているとストレートネックになります。
また、掃除や食器洗いなどの前かがみになりやすい家事などもストレートネックの原因に。

本来であれば首の骨は緩やかに曲がっていますが、前かがみの姿勢が長く続くと首の骨が徐々に真っすぐになり、首にたるみが生まれ、二重あごになりやすくなります。

[ふきだし set="ひな(なるほど)"]

皮膚科医の髙瀬聡子先生によると、スマホの普及により20~40歳の若い女性の二重あごが目立つようになり、「新型二重あご」と呼んでいるそう。

[/ふきだし]

2つめは、広頚筋の衰え。
あごの下から鎖骨にかけて首を囲むように広がる「広頚筋(こうけいきん)」という大きな筋肉が加齢で衰えることによって二重あごの原因になります。
この広頚筋を鍛えることで二重あごの解消が期待できます。

二重あごを解消する方法

二重あごを解消する方法を2つご紹介します。
1つめは、ストレークネックを改善して二重あごを解消するストレッチ、
2つめは、広頚筋を鍛える首の筋トレです。

ストレートネックの改善ストレッチ

北里大学 整形外科医の高平尚伸先生が教えてくれた、二重あごの原因でもあるストレートネックを改善するストレッチです。

ストレートネックは簡単なストレッチで解消することができ、先生もこの改善法を1週間試したところ首の曲がりができてきたそうです。

[ふきだし set="ひな(なるほど)"]

やり方はいたって簡単!

[/ふきだし]
ストレッチのやり方

壁を背に1m離れて真っすぐ立ち、肩の位置は動かさずに首を後ろに曲げて天井を見る。

[ふきだし set="ひな(なるほど)"]

天井と顔が並行になるまで曲げるのがポイント。
ゆっくり上を向くことで、首をほぐすことができます。

[/ふきだし]

痛くない範囲でストレッチを繰り返し行っていくと、ストレートネックの改善効果が期待できます。

上記の方法で首があまり曲がらない場合、首をほぐすストレッチを行うことで首が後ろへ曲がるようになります。
首が後ろへ曲がらなかった女性が10分ほどストレッチを行ったところ、見えなかった天井が見えるようになったほど即効性があるストレッチです!

1、首の根元がよく動くように、後ろで手を組み、胸を開く。

2、あごを引いて二重あごをつくる。
首を縮めるように、あごを限界まで引きます。

一口memo二重あごをつくるようにあごを思いっきり引くことで、ストレートネックによって動かなくなっていた首の下の骨を動かすことができるので、固まった首の骨をほぐすためにあえて二重あごをつくるのがポイント。

3、7秒かけて首を後ろに曲げる。

一口memo首の骨は7つあるので、下から1つずつ曲げるようなイメージで行う。
痛みが出たらやめましょう。

4、あごを上げた状態で3秒間キープする。

5、首をゆっくり元の状態に戻す。

これを3回繰り返して1セット。
1日に3セット行うのがおすすめです。

[ふきだし set="ひな(なるほど)"]

二重あごが気になる女性がこのストレッチを2週間行ったところ、ストレートネックが改善され、二重あごも少しすっきりした印象に。
さらに首のシワも薄くなったそうですよ!

[/ふきだし]

首の筋トレ

教えてくれたのは、国際医療福祉大学三田病院 准教授の奥田逸子さん。
二重あごの原因となる衰えた広頚筋を鍛える首の筋トレです。

広頚筋 筋トレのやり方

1、上を向いて、口をとがらせ「ウー」と言いながら、5秒かけて息を吐き、首の下の筋肉を鍛える。

一口memo「ウー」と言っている時にできるだけ下唇を突き出すと、より広頚筋に力が入ってたるみ&二重あご防止に効果的!

2、正面を向き、口を横に大きく開けて「イー」と言いながら、5秒かけて息を吐き、首の横を鍛える。

これを3回繰り返し行います。
1回1分程度、週2回でOK!
慣れてきたら4回、5回・・・と少しずつ増やしていくとさらに効果的です。

さらに、二重あごだけではなく「ほうれい線」の解消にもつながる大頬骨筋(だいきょうこつきん)の筋トレもご紹介します。

大頬骨筋 筋トレのやり方

1、正面を向き、左右の口角を上げるように「ニー」と5秒間ほど言う。

一口memo頬を思いっきり上げる。

2、目と口を思いっきり「ギュー」っと5秒間つむる。

二重あごだけでなくほうれい線も解消したい場合、「ウー」「イー」「ニー」「ギュー」を3回で1セット。
3セットを週2回行うのがおすすめです。

まとめ

二重あごになる原因は、主に2つあります。

  • ストレートネック
  • 広頚筋の衰え

二重あごを解消するには、ストレートネックを改善したり、広頚筋を鍛えたりすることが重要。

どちらの方法もほんの数分あればできる簡単な方法なので、すきま時間を見つけて習慣にできればいいですよね。

まぁ、この習慣化が意外と難しく、続かないワケでして、半永久的に二重あごが解消されないハメに・・・。

ということで、ここに宣言したいと思います。

[ふきだし set="ひな(なるほど)"]

2020年の目標の1つに入れます!
目指せ!42歳で二重あご解消!!

[/ふきだし]

これ、BeforeAfterの写真を撮っておかないといけませんよね(笑)。

-顔痩せ
-