MENU

ループ電気 料金シミュレーションの興味深い結果と評判。

looopでんき 評判 シュミレーション 画像

ループ電気に切り替えてから早2年半が経ちました。
料金シミュレーションをしてから「安っ!」と、すぐにループ電気に切り替えたのですが、実際の電気代は 料金シミュレーション よりもっと安くなっているのがなんとも興味深い。
そんなLooopでんきの良い評判と悪い評判を踏まえながら、Looopでんきのいろいろを紹介したいと思います。
ちなみにループ電気に切り替えるなら、キャンペーン中がお得です☆

目次

ループ電気とは?

Looopでんきは、 2011年4月、東日本大震災の被災地に 太陽光発電の無償設置を実施したことがきっかけで設立された電力会社です。

”太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーをこれからの発電のスタンダードにしたい”
と、 自然エネルギーの普及を目指し ている会社です。

電気の供給エリアは、沖縄・離島を除く全国です。

ひなのアイコン画像ひな

我が家では2年半前にLooopでんきに乗り換えました。
どうやら電気料金が安いらしいよ、という噂で、当時はまだあまり有名ではなかったのですが、今では電力会社の比較で必ず名前が上がるほど人気がある電力会社です。

ループ電気の特徴

基本料金が0円

ループ電気の最大のポイントは、基本料金が0円ということ。

電力会社のほとんどは、基本料金というのが存在します。
1か月全く電気を使わなかったとしても0円ではなく、基本料金という名の固定料金が発生します。

ループ電気は、使った分の電気代だけ払えばよい!ということになります。

完全従量制

300kWhとか500kWhとか 、検針票に1か月の電気の使用量が記載されています。

1kWhあたり20円として、 1か月300kWhの使用量で、単純に計算すると6000円になります。 

ただし、電気料金の計算はそんなに単純ではないんです!

ほとんどの電力会社では、120kWhまでの使用は1kWhあたり20円前後なのですが、120kW~300kWhまでの使用になると 1kWhあたり25円前後に値段がアップします。
そして、300kWh以上の使用になると、30円前後までアップします。

1か月120kWh以下の使用量だと割と安くすむかもしれませんが、1か月120kWh以下の使用量ってあまりないのではないかな?と思います。
1人暮らしで、仕事で1日ほとんど家にいなくて、帰ってもほぼ寝るだけ・・・とかの生活ならあり得るかもしれませんが・・・。

また、1kWhあたりの電気料金は電力会社によって異なります。

ループ電気は、この1kWhあたりの値段が一律 22.4円(関西電力エリア)になります。
* 1kWhあたりの値段 はエリアによって異なります。

この完全従量制のメリットは、

  • 料金の計算が簡単
  • 使えば使うほどお得

という感じになるでしょうか。

WEBから24時間 申込みできる

WEB上で切り替えができる上、24時間いつでも申し込みが可能です。

ひなのアイコン画像ひな

私もWEB上で申込みを済ませて、後は電気が供給されるのをただ待つだけ!でした。こんなに簡単でいいの?という感じです☆

解約手数料0円!違約金もナシ

解約手数料も違約金もなし!となれば、

実際に安くなるのか?ちょっとだけ試してみようかな

と、電力会社を切り替えてみるハードルがグンと下がりますよね。

ループ電気の料金

ループ電気が人気の理由は、 なんといってもシンプルな料金プラン!

通常、家庭における電気料金は、

  1. 基本料金
  2. 従量料金
  3. 燃料費調整額
  4. 再生可能エネルギー発電促進賦課金

この4つを足した合計になります。

ループ電気が他の電力会社と比べて大きく異なる点は、

  1. 0円
  2. 使用したkWhに限らず、一律料金

従量料金は、エリアによって価格が異なります。

エリア 基本料金 従量料金
北海道電力0円29.5円(税込)/kWh
東北電力 0円 26.4円(税込)/kWh
東京電力 0円 26.4円(税込)/kWh
中部電力 0円 26.4円(税込)/kWh
北陸電力 0円 21.3円(税込)/kWh
関西電力 0円 22.4円(税込)/kWh
中国電力 0円 24.4円(税込)/kWh
四国電力 0円 24.4円(税込)/kWh
九州電力 0円 23.4円(税込)/kWh
ひなのアイコン画像ひな

電気をあんまり使わない人にも、電気をたくさん使う人にもメリットがある料金プランになっています。

参考料金の比較プランをもっと見る ループ電気 キャンペーン

ループ電気の口コミ・評判

ループ電気の良い口コミと悪い口コミをご紹介します。

良い口コミ・評判

「基本料金が設定されない」など料金システムにも斬新さを感じて満足しています。電力自由化なんて興味がないという人ほど、少しだけ時間を使って調べて、こういう会社を選んで欲しいと思います。

引用元:みん評

まず電気料金を下げたいという思いからいろんな会社でシュミレーションを行ったり、各社のサービスを確認しました。私の場合は何かのサービスでお得感を得たいというよりも電気料金を下げたいという気持ちが強くそのような考えで調べてみるとLoopでんきという会社にたどり着きました。どの時間に電気を利用しても一定ということで生活スタイルにと照らし合わせてシュミレーションした結果、電気料金が安くなることがわかったので契約をしました。

引用元:みん評

8月の電気代、2台エアコンをガンガン使ってたから心配してたんだけど7千円くらいだった!!すごい!電気会社をループ電気に変えてよかった〜〜(*゚∀゚*)

引用元: @YUZUnimation
ひなのアイコン画像ひな

なんといっても料金が安くなったというメリットを感じている方がほとんでした。
1kWhの価格が完全従量制で、値段が分かりやすいという点も好評のようです。
実際に私もループ電気の安さを実感しているうちの1人です☆

悪い口コミ・評判

なんらかの理由でカードの引き落としにならなかったため、すぐに振り込むように言われた。すぐに振り込んだにも関わらず、カードで引き落とされ、二重支払いになってるのに連絡なし。こちらから連絡しても手続き遅く、振り込んだら連絡すると言ったのに連絡なく振り込み。しかも振り込み手数料は入金なし。

そっちの不手際なのに謝らず、振込みの手間をとらせ、振込み手数料も支払わされ、何事もなかったかのようにしている。

引用元:みん評

電力自由化に伴い切替の検討のためインターネットの比較サイトで検索したところLOOPという電力会社が圧倒的に安いとの結果がでてきました。年間で数千円節約出来るシュミレーションです。さっそく問合せしたところ応対に出てきたのは頼りない担当者でした。一般的な質問にも答えられず、結局何も解決しないまま電話を切るはめに。電力という大切なインフラを任せるにはお金では買えないものがあると痛感しました。ただ、しっかりした大手の場合にはほぼ節約効果がでないので切替え自体意味のないものになるため、しばらくこのままでいようかと悩み中です。

引用元:みん評
ひなのアイコン画像ひな

悪い評判として、サポートが悪いという意見が目立ちました。
私は2年半ほどループ電気ですが、一度もトラブルがなかったので、何か問題が起こったときに実際のところどういう対応なのか?が分かりません・・・。
今は改善されていたらいいなぁと思うのですが、本当だったとしたらちょっとデメリットですよね・・・。
料金が安いだけにもったいないなという印象を受けました。

ループ電気のキャンペーン

Looopでんきが行っているキャンペーンの詳細をご紹介します。

ひなのアイコン画像ひな

キャンペーン中に乗り換えるとなにかとお得です☆

2020年1月1日~2020年3月31日
  • 新生活応援キャンペーン
  • 最大8,020円分のQUOカードPayがもらえる
  • もれなく2,020円+5,000円(毎日抽選で5人に1人)
    +1,000円(Looopガス申込み[東京エリアの都市ガスエリアのみ])

参考キャンペーンの詳細をもっと見る ループ電気 キャンペーン

この他、 定期的に節電キャンペーンなどの企画があります。

ループ電気のシミュレーション

ループ電気に変えたら現在の電気代と比べてどれだけお得になるか?
料金をシミュレーションすることができます。

ひなのアイコン画像ひな

シミュレーションにかかる時間は2分もあれば十分!

シュミレーションを始める前に

  • 検針票

をお手元に用意してください。

検針票を見ながら、

  1. 現在ご利用中の電力会社
  2. 電力プラン
  3. ご契約電力
  4. 対象月

を入力します。

我が家のシミュレーションの結果は、

我が家(マンション/家族4人)の電気使用量は、

  • 4~6、10月(エアコンを使わない時期)で、230kWh前後
  • 7~9月(エアコンを使う時期)で、330kWh前後
  • 11~3月(こたつや電気ストーブを使う時期)で、350kWh前後  です。
ひなのアイコン画像ひな

う~ん、実際はこのシミュレーションよりもっと安くなっている気が・・・。
それはそれで嬉しい☆

Looopでんきにするとお得なおうち
  • 部屋数が多い
  • 日中家にいることが多い
  • 節電が苦手な人
  • 室内でペットを飼っている
  • オール電化ではない
ひなのアイコン画像ひな

ちなみに私は「日中家にいることが多い」というのが当てはまっています。

まとめ

今回は、Looopでんきについて紹介させていただきました。

検針票に200kWhとか300kWhとか記載されているので、一応家計簿には書き写してはいたのですが・・・
電力会社を切り替えるまではこのkWhのことは気にしたことがなく、金額もまぁだいたいこんなもんかな~で済ませていました。

Looopでんきに変えてから、 我が家では電気を一番使う冬の電気代が格段に安くなりました。

関西電力のとき→月12,000円前後
Looopでんきに変えてから→8,000円前後

ひなのアイコン画像ひな

12月、1月、2月あたりは毎月10,000円を絶対に超えていたので、10,000円以下になったのは当時 衝撃的でした。
今では普段が安い分、冬は高っ!てなりますが(笑)
どれくらいの差が出るか?ぜひ一度シミュレーションしてみて下さい☆

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる